タイの地下鉄やBTS車両をタイ国内で生産へ 住友やシーメンスなどもタイに拠点移転か

現在、BTSや地下鉄などの車両については、外国からの輸入に頼っている状態だが、タイ交通省では、タイ国内での製造が必要で、外国の製造者がタイに来て製造し、テクノロジーなどの伝授も合わせて行うことになる、としており、そのためのBOIの恩典で法人税8年の免除や機械輸入の免税などを上げている。

実際にタイへ輸入しているシーメンス車やそのほかスミトモ(日本)、ボンバルディア(カナダ)などもタイでの製造の可能性を示唆しており、交通省でも最低、5億バーツの投資が必要、としている。

今後、次々に新路線が完成し、さらに高速鉄道の入札も決まる中にあって、修理などのメンテナンスも常に必要になってくるため、車両の製造もタイで行われることになる見込みだ。
(DIGIMA NEWS 2019年2月20日)

2014_04080018
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、エコノミーの一部予約クラスで受託手荷物の許容量を変更

タイ国際航空は2019年2月18日(月)、エコノミークラスの一部予約クラスで受託手荷物許容量の制限を変更すると発表しました。

4月1日(月)発券分から、国際線の予約クラス「W」「V」の受託手荷物許容量は20キログラムまでとなり、7月1日(月)発券分からは、国内線とタイ国内線の予約クラス「G」の受託手荷物許容量は20キログラムまでになります。

なお、予約クラス「L」とタイ国内線の予約クラス「W」「V」の受託手荷物許容量は20キログラムまでで、それ以外のエコノミークラスの予約クラスは30キログラムまでです。
期日: 2019/04/01から
(Fly Team 2019年2月20日 07時55分)

2015_02080026
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!