乗車拒否で罰金1000バーツ バンコクの「タクシーOK」

タイ運輸省陸運局は20日、乗車拒否したタクシー運転手の男性を出頭させ、罰金1000バーツ、免許停止1カ月の処分を下した。

処分を受けたのは、陸運局が昨年始動した新サービス「タクシーOK」の運転手。19日午後、バンコク都内のプラトゥーナム交差点で女性の乗車を拒否し、この女性が近くにいた警官に通報。女性はさらに、運転手が乗車を拒否する様子を撮影した映像をフェイスブックに投稿した。

「タクシーOK」は専用の配車アプリが使用でき、全車両が衛星利用測位システム(GPS)、乗客用の緊急ボタン、車内ビデオカメラを搭載。乗車拒否やメーターの使用拒否、運賃のごまかしをしないという触れ込みだった。

タイのタクシーは粗暴な態度や危険な運転、メーターに細工するなど様々な手口による運賃のごまかし、常習的な乗車拒否などで知られる。タイ当局は「タクシーOK」の導入や取り締まりの強化でサービスの改善を目指している。
(newsclip.be 2019年2月20日 23時48分)

2015_07120079
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中