【パタヤ市】公共交通機関で全面禁煙の注意喚起、バス停や港

パタヤでは現在、2017年の煙草規制法、2018年の公衆衛生省指令の改正を受けて、公共交通機関での全面禁煙の注記喚起がされています。パタヤ現地英字メディアのPattaya Mailは、以下のように伝えています。

■Pattaya reminds bus, taxi users about smoking ban(パタヤ市、バスやタクシーでの全面禁煙の注意喚起)|Pattaya Mail

報道によるとパタヤ市は、公共交通機関の利用者に対して、車内やターミナル周辺での喫煙は改正された煙草規制法で禁止されていると警告を発しました。

パタヤ市当局者は2月11日、Soi Khopaiの地域住民に対して、この禁煙はソンテウ、タクシー、ミニバン、電車、ボート、オートバイタクシーにも適用される事を説明しました。さらに公共交通機関の乗車中だけでなく、バス停、タクシー乗り場、バス、電車のターミナルおよび港から5メートル以内での喫煙も禁止されています。

違反者には、最大5,000バーツの罰金が処せられます。ただ罰金となる前に、警告が出されています。

報道されている概要は、上記の通りです。

タイでは主要空港も全面禁煙となっていますが、私たちPJA(パタヤ日本人会)の事務所のあるパタヤでも公共交通機関は全面禁煙となり、バス停やタクシー乗り場、港なども禁煙となっています。

違反者には罰金が課せられていますので、喫煙をされないように皆様ご注意下さい。
(タイランドニュース 2019年2月23日)

2016_09250005.jpg          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中