バンコク、偽バイアグラ販売等で13人逮捕

バンコクのスクンビット周辺で2019年2月21日夜から翌朝にかけて、偽のバイアグラを販売するなどしていた13人が逮捕されました。タイ現地大手英字メディアのNationが伝えています。

■Eight foreigners, five Thais arrested over fake viagra sales in Bangkok(バンコクで、偽のバイアグラ販売をしていた外国人8人、タイ人5人逮捕)|Nation

報道によるとタイのイミグレーション警察は、タイ経済警察、タイツーリストポリスとの合同捜査として、2月22日の金曜の夜から翌朝にかけてバンコクのスクンビットエリアの17か所を捜査し、偽のバイアグラを販売していた外国人8人、タイ人5人の合計13人を逮捕しました。

本捜査には、捜査時からバイアグラの製造元であるファイザー社を代表してケビン・ハミルトン氏も同行して行われました。

イミグレーション警察は、ファイザー社のハミルトン氏の指摘を引用して、偽のバイアグラは危険な物質で作られている点を説明しました。その偽バイアグラは、本物なら一箱3000バーツ程度の所、一箱わずか200バーツなどで販売されていました。

今回の捜査で、118箱の偽バイアグラと、1,667の規制薬物、396の大人のおもちゃ、345の偽のブランド品が押収されました。

報道されている概要は上記の通りです。

捜査段階からファイザー社の代表が同行し、警察の記者会見にもファイザー社の代表者が出られているので、上記のNationの記事の写真にはファイザー社のケビン・ハミルトンさんも写られています。

バンコクの中心部のスクンビットなどでは今回摘発されたように、違法な偽バイアグラや、大人のおもちゃ、規制薬物、偽ブランド品などを違法に販売している屋台などがあります。

しかしながら、タイではこれらの販売は勿論、購入者が所持しているだけでも違法となりうるものですから、このような事件に巻き込まれないように皆様気をつけられて下さい。
(パタヤニュース by PJA 2019年2月24日)

2014_04080166
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中