LCC専用、バンコク・ドンムアン空港もラウンジが充実! 成田空港第3ターミナルはラウンジ無し

2019年2月25日、LCC専用のバンコク・ドンムアン国際空港(Bangkok Don Mueang Intl)は、ラウンジの機能を充実させるなど、快適な旅をアシストするため進化を続けている。 国内線の第2ターミナルには、The Coral Executive Loungeザ・コーラル・エクゼクティブ・ラウンジ)がある。

ヨーロピアン調の家具で、落ち着いた雰囲気を醸し出している。気品高いイメージだが、アテンダントも笑顔のタイ人が微笑ましい。

壁沿いのソファーに横たわり、同行の人に頭のマッサージをして貰って寛いでいる旅行者もいた。朝8時過ぎは利用客も少なく、ゆったりくつろげる。

料理は軽食で味は普通、コーヒーマシンの機嫌が悪く、カプチーノには少し時間がかかったが、デザート類はなかなかの味。白と黒のチョコレートがとても美味しかった。国際線のラウンジはフルミールのビュッフェが美味しいとの噂。両方ともプライオリティパスで利用可能。

プライオリティパスは、日本国内では成田空港や関西空港で使用できるが、羽田空港では使用できない。

LCC専用の成田空港第3ターミナルはラウンジが無く、戸惑う外国人旅行者も多い。エコノミークラス客でも利用できる航空会社以外のラウンジの設置は、日本は韓国よりも大きく遅れている。
(GLOBAL NEWS ASIA 2019年2月25日 11時30分)

2016_09200004          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中