タイ国際航空、59周年記念運賃を設定 往復44,500円から

タイ国際航空は2019年4月15日(月)まで、59周年記念運賃を設定、販売しています。搭乗期間は、2019年5月5日(日)から6月30日(日)と8月19日(月)から10月30日(水)までの日本出発分です。期間中のうち、10月9日(水)から10月12日(土)、10月18日(金)から10月27日(日)の日本発は対象外です。

出発地は、羽田、成田、関西、名古屋(セントレア)、福岡、新千歳で、運賃額はホーチミン、ハノイ、プノンペン行きが往復44,500円から、ジャカルタ、デンパサール行きが48,000円からなどと設定されています。

また、ロンドン、パリ、フランクフルトなどのヨーロッパ12都市行きが58,100円から販売されています。予約クラスはエコノミークラスの「T」「K」「V」「W」です。

タイ国際航空の日本路線は、成田発着が1日3便、羽田、関西、名古屋発着が1日2便、福岡、新千歳発着がデイリー運航です。
期日: 2019/04/15まで
(Fly Team 2019年3月30日 21時55分)

2006_11230009.gif
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

【タイ総選挙】不正に抗議する反政府集会がバンコクで3月31日開催

先日行われた民政復帰となる8年ぶりのタイ総選挙で不正があったとして、反政府系民主主義グループが反政府集会を2019年3月31日(日)より行うとのこと。会場となるBTS戦勝記念塔(Victory Monument)駅近くのスカイウォークには、出来るだけ近づかないようにご注意ください。

[追記]
30日(土)にはバンコク芸術文化センター前のスカイウォークで、31日(日)にはチャプラソン交差点でも反政府集会が行われます。

・バンコクにおける反政府系集会(3月31日(日)17時頃)

インターネット上の情報によれば、3月31日(日)17時頃から、首都バンコクにあるBTS戦勝記念塔(Victory Monument)駅近くのスカイウォークにて、反政府系民主主義グループが、今回の選挙での不正に抗議するために集会を行うとの情報があります。

つきましては、在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては、不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努めるとともに、可能な限り会場及びその周辺には近づかない等、安全確保に十分注意を払って下さい。

[反政府集会会場情報追加]
(1)3月30日(土) 13時頃から、MBKセンター向かいにあるバンコク芸術文化センター(Bangkok Art and Culture Centre)前のスカイウォークにて

(2)3月31日(日) 16時頃から18時頃まで、ラチャプラソン(Ratchaprasong)交差点にて

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

(タイランドニュース 2019年3月29日)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの25の空港で無料Wi-Fiサービスがスタート

タイでは25の空港で、無料Wi-Fi接続でのインターネットの利用が可能になりました、なお、利用可能なのは1日3時間まで。

この無料Wi-Fiプロジェクトは、 タイ空港局とAdvanced Wireless Network社との協力により完成しました。

無料Wi-Fiサービスを利用するには登録が必要です。登録は簡単で、最初にDOA WiFi AISに接続し、Facebook経由で身元確認をするだけ。AISのサービスですが、AISの携帯電話サービスを利用する必要はありません。なおAISがサービスを提供しているパッタニー空港、メーサリン空港、ターク空港の3空港では、このプロジェクトの無料Wi-Fiサービスの提供を行なっていません。

無料Wi-Fiサービスを提供する25の空港はクラビ空港、コンケーン空港、ウドンタニ空港、ナコンシータマラート空港、ウボンラーチャターニー空港、スラータニー空港、メーソート空港、チュンポン空港、トラン空港、ナコーンパノム空港、ナラティワット空港、ナン空港、ブリラム空港、ピサヌローク空港、プラエ空港、ローイエット空港、ラノーン空港、ランパーン空港、ルーイ空港、サコンナコーン空港、ナコーンラーチャシーマー空港、パイ空港、ペッチャブーン空港、メーホンソン空港、ホアヒン空港。
(タイランドニュース 2019年3月28日)

20180122
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国内に鉄道車両組み立て工場建設へ 財政負担軽減のため

パイリン副運輸相は3月26日、タイは鉄道車両を輸入に依存しており、大きな財政的負担となっていることから、タイ国内に鉄道車両組み立て工場を建設することが計画されていると明らかにした。

現時点で約700億バーツで新車両を輸入することが予定されているが、計画が実現すれば、60億~70億バーツで新車両を用意できるとのことだ。

運輸省は来年の計画スタートに向け工業省およびタイ投資委員会(BOI)と検討を進めてゆくことにしている。
(バンコク週報 2019年3月27日)

2008_03210027
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ下院選 赤vs黄、対立の構図変わらず 

タイのプラユット軍事政権は今月24日、2011年来初めての議会下院選挙を実施した。民主化を求める国内外の圧力に屈したかたちだが、事前の予想に反し、プラユット首相の続投を目指す軍政派の新党、パランプラチャーラット党が得票数で1位となり、衝撃が走った。

各党の暫定得票数(開票率94%)は多い方から順に、パランプラチャーラット党794万票、軍政と対立するタクシン元首相派のプアタイ党742万票、反軍政の新党、新未来党587万票、反タクシン派の民主党370万票、旗幟を鮮明にしていないプームジャイタイ党351万票だった。タクシン派は2001年以来初めて、下院選で得票数1位を逃した。

ただ、東北部と北部の住民、バンコクの中低所得者層を中心とするタクシン元首相支持者と民主化勢力を合わせた「赤派」(プアタイ党、新未来党)、貧困層や東北住民などの政治参加を拒む保守勢力「黄派」(パランプラチャーラット党、民主党)という色分けで得票数をみると、実は大きな変化は起きていないようだ。

2001年以降の下院選はタクシン派政党と民主党という2大政党の対決が続いた。2006年のクーデターでタクシン政権を打倒した軍政が民政移管のため実施した2007年の下院選はタクシン派政党の得票数1234万票に対し民主党1215万票と僅差になった。タクシン派デモ隊によるバンコク都心部の長期占拠、治安部隊による強制鎮圧という重大事件の1年後に行われた2011年の下院選はプアタイ党1575万票、民主党1144万票だった。

今回の下院選は、プアタイ党と新未来党で計1329万票、パランプラチャーラット党と民主党で計1164万票で、同じ陣営のプアタイ党から新未来党に、民主党からパランプラチャーラット党に票が流れたと考えると、説明がつきそうだ。

パランプラチャーラット党は権威主義的な政治体制による政治社会の安定、新未来党は軍の改革とクーデターの再発防止、民主的な憲法の制定など、それぞれ「黄派」、「赤派」の主張を民主党、プアタイ党より先鋭化させている。両党が支持を集めたことで、両派の対立はこれまで以上に深まる恐れがある。

「赤派」はタクシン政権(2001―2006年)で誕生した。それまで政治意識が薄かった東北部や北部の住民、貧困層が、タクシン政権のばらまき政策で恩恵を被り、投票で生活が変わることを知った。以来、タクシン元首相の忠実な支持者となり、それまで地方を無視してきた中央と対立するようになった。シンボルカラーは共産主義を思い起こさせる「赤」。

数でまさる「赤派(=タクシン派)」は2001年、2005年、2007年、2011年と下院選で勝ち続けた。一方、旧貴族階級や富裕層、バンコクの中間層を中心とする「黄派」は、自分たちの「使用人風情」が選んだタクシン派政権に支配されることに強烈な反感を抱き、軍と司法、デモを駆使して反撃。2006年には大規模デモからの軍事クーデター、2008年には憲法裁判所によるタクシン派政党解党、2014年には再度、大規模デモからの軍事クーデターで、タクシン派政権を打倒した。同派の支持者はデモなどの際、故プミポン前国王の誕生日の色である「黄色」の服を着る。「赤派」を「赤い水牛」と呼び侮蔑することもある。
(newsclip.be 2019年3月26日 03時21分)

2010_05030086
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!