タイ・エアアジア大株主、ノックエアの株式取得を検討

アジア・アビエーションが、業績が低迷しているノックエアの株式の取得を検討していることがわかった。

アジア・アビエーションは、タイ・エアアジアの発行済株式の55%を保有している主要株主で、航空会社の外資規制を回避するために設立された持株会社。残りの45%はマレーシアのエアアジアが保有している。エアアジアグループでは過去に、フィリピンのゼストエアウェイズを買収して事業を拡大した一方で、インドネシアのパタビア航空の買収計画は、企業文化の違いを理由に中止している。

競争激化や燃油の高騰によって業績が低迷しているノックエアは、2月に第三者割当増資を実施し、債務超過を解消した。大株主であるタイ国際航空の出資比率は、設立当初の39%から15.94%に減少している。

タイ・エアアジアは、2018年に2,157万人が利用し、搭乗率は85%と高い水準だった。
(Traicy 2019年3月3日 08時28分)

2016_09200013          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中