エアアジア、タイ格安航空ノックエアの買収断念

マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ法人タイ・エアアジアのタイの持ち株会社アジア・エイビエーション(AAV)は6日、タイの格安航空ノックエアラインズの株式取得を断念したと発表した。理由は明らかにしていない。

AAVは2月25日、ノックエア株の過半数を保有するタイ自動車部品大手サミット・グループのオーナー、ジュラーンクーン家とノックエア株の取得に向け交渉中だと認めた。

2月20日に2.28バーツだったノックエアの株価は、買収交渉の情報を受け、2月27日には3.30バーツまで上昇。しかし、3月5日に12.7%、6日に9.9%下げ、6日終値は2.36バーツだった。

ノックエアは2004年、エアアジアのタイ進出に対抗するため、タイ政府系資本とタイ王室系資本が中心となり設立された。当初は筆頭株主であるタイ国際航空の格安部門と目されたが、名門サラシン家出身で創業株主のパティー・サラシン氏が独自経営を続け、タイ航空とはぎくしゃくした関係が続いた。

2013年にタイ証券取引所(SET)に上場し、パティー氏らは多額の上場益を得た。しかしその後は慢性赤字に転落し、2014―2017年に約60億バーツの最終損失を計上。2018年は売上高が前年比6.1%減の138.8億バーツ、最終赤字24億バーツだった。

ノックエアは資金調達のため、2017年と今年に株主割当増資を実施したが、タイ航空は増資に応じず、出資比率が15.9%に低下した。代わってジュラーンクーン家が筆頭株主に浮上している。
(newsclip.be 2019年3月6日 20時18分)

2015_02100032
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中