ZIPAIR、仁川とバンコク線を計画 JALの国際線中長距離LCC

日本航空(JAL)は国際線中長距離の格安航空会社(LCC)の運航開始に向け設立した航空会社のブランドを「ZIPAIR(ジップエア)」と決定しました。ブランド名決定に伴い、設立していたティー・ビー・エルは社名を「株式会社ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」に変更しました。ジップエアは2020年夏スケジュールの就航をめざし、準備を進めます。

「ZIPAIR(ジップエア)」の名称は、英語で矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語「ZIP」から生まれた造語で、「フライトの体感時間が短い」ことを表現しています。また、郵便番号「ZIP CODE」が持つ「さまざまな場所に行ける」というイメージ、デジタルファイルフォーマットの「.zip」のイメージも含め、「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」との想いが込められています。

社名は、新しい航空会社のベースとなる地名で、世界でも有数のカルチャー発信都市「東京」を冠し、「ZIPAIR Tokyo」としています。

ZIPAIR Tokyoは、社名決定にあわせ3月8日(金)、国土交通省に航空法第100条に基づく航空運送事業許可を申請しました。使用機材は787-8で、事業内容はその地域を日本、アジアとし、2020年夏スケジュールに成田/バンコク・スワンナプーム線、成田/ソウル・仁川線を計画しています。

この社員募集は、4月から開始します。従来の職種別の募集ではなく、客室乗務員業務を中心に、空港旅客サービス業務やサービス企画業務など、幅広いフィールドで活躍するチャレンジ精神の旺盛なスタッフを募集します。4月中旬には採用説明会の開催を予定しており、ウェブサイトから申し込みできます。
(Fly Team 2019年3月8日 16時10分)

2008_07150003
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中