タイ北部で大気汚染悪化続く、チェンマイは世界一汚い都市に

タイ北部では連日続く森林火災の影響で、大気汚染の状況を測る指数の一つである粒子状物質(PM2.5)の数値が健康に影響が出るレベルとなっている。

世界の大気汚染状況を公開しているサイト「airvisual」によると、本日(12日)正午頃でチェンマイは世界で最も大気汚染がひどい都市になっている。

チェンマイのほか、チェンラーイ、メーホンソーンなどの隣県でも非常に高い数値が計測されている。
(タイ通 2019年3月12日 15時01分)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!