タイ航空がバンコク=仙台定期便を再開へ、2019年11月から週3往復

タイ国際航空(タイ航空・TG)は、現在休止中のバンコク=仙台の定期便を、2019年11月より再開させる予定であることを明らかにしました。共同通信が報じています。

共同通信によると、タイ航空の関係者の話として、バンコク=仙台は週3往復で、3年契約の予定とのこと。4月末にも正式に決定するとしています。

タイ航空のバンコク=仙台定期便は、 2013年12月3日より2014年3月29日までの期間限定で週3便を運行。当時バンコクで行われていた反政府デモの影響で搭乗率が落ち込み、運行継続を断念していました。

その後も仙台市は、2017年に放送されたタイドラマ「ロックレター」と、2018年に公開になったタイ映画「グラビティ・オブ・ラブ」のロケを誘致するなど、タイ人観光客の呼び込みに尽力。ようやく5年ぶりのバンコク=仙台の定期便の再開となりました。
(タイランドニュース 2019年3月16日)

2013_07170435          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告