タイ下院総選挙 有権者買収が横行か 現場とらえた映像も

非営利民間団体「民主主義の礎のためのオープン・フォーラム(P-Net)」は今回の総選挙について「有権者の買収が多く見られた。露骨なものではなかったが、選挙運動の終盤における買収が目立った」と指摘した。

具体的には、選挙演説会に有権者を集めるため、やって来た有権者に1人当たり200バーツを手渡したほか、有権者を連れてきた車の運転手には500バーツを支払った政党もあったという。また、会場に来た有権者には弁当が提供されたが、弁当の裏には紙幣が輪ゴムでくくりつけられていたとのことだ。

P-Netでは政党関係者が100バーツ紙幣の束を抱えている場面などを写真撮影しており、中央選管にこれらの写真を選挙違反の証拠として提出する予定だ。
(バンコク週報 2019年3月25日)

2014_01040001
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!