生体認証でタイ出入国管理、 プーケット空港でテスト中

世界中から外国人観光客が訪れるタイ南部のプーケット国際空港では、2019年7月から導入予定の生体認証による出入国管理システムをテスト中です。

生体認証出入国管理システムは、 顔と指紋で個人を識別し、偽造パスポートの取り締まりなどにも役立つとのこと。タイは、このシステムを導入したASEANの5番目の国で、すでに70%が完成。7月1日からタイの出入国管理ポイントに2000台が設置される予定とのことです。

特に多くの人々が利用するバンコクの空港の入国管理は、時には入国出来るまで1時間ほども待つことがあるほど混雑しています。7月1日からの生体認証出入国管理システム導入で、スムーズに入国が出来るようになると良いのですが…。
(タイランドニュース 2019年5月9日)

2014_10250053s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!