長期滞在外国人に健康保険加入を義務化 タイ保健省

タイ保健省健康サービス支援局のナタウット局長は5月13日、タイに長期滞在する50歳以上の外国人に健康保険加入を義務づけることを明らかにした。タイ英字紙が報じた。これは国立病院で治療を受けた外国人が治療費などを支払えず、病院側の財政的負担が拡大していることなどを受けてのもの。加入する健康保険の補償範囲は、通院治療で4万バーツ以上、入院治療で40万バーツ以上。最長1年間の滞在が許可されるノン・イミグラント・ビザを申請する際、健康保険に加入していることを示す必要がある。
(バンコク週報 2019年5月14日)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告