戴冠式を祝し5月4日を国民の休日に 閣議で承認

政府は5月21日の閣議でワチラロンコン国王陛下の戴冠式が執り行なわれた5月4日を今後国民の休日とすることを決めた。このほか、閣議では19日の国民の休日が承認された。

このうち16日はプミポン前国王の時代に制定されたもので、新たに国民の休日とされたのは、国王陛下誕生日(7月28日)、王妃陛下誕生日(6月3日)、プミポン国王記念日(10月13日)の3日。
(バンコク週報 2019年5月22日)

2014_01040001
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!