タイには1千万人以上の喫煙者が、毎年7万2千人がタバコが原因で死亡

The Nationによると、タイにはまだ1000万人以上の喫煙者がおり、年間平均7万2000人以上がタバコが原因で死亡しています。

マヒドン学のRoengrudee Patanavanich博士によると、タイでは喫煙が主な原因となった「肺がん、肺気腫、肺炎症、結核」などの疾患で、毎年平均7万2000人以上が死亡していて、彼らの寿命は平均18年ほど短縮されています。また博士は、タイでは2017年に1070万人の喫煙者がいましたが、そのうち72,565人が喫煙関連の疾患で死亡したと付け加えました。

なお喫煙による疾患の推定合計治療費用は年間で約77億6200万バーツ。病気で失われた収入の機会は年間117億6600万バーツ。合計する年間約2,200億バーツの財政的損失が発生と指摘。それはタバコの税収の約686億バーツを遥かに越えるものとなっています。

それでもタイはタバコには厳しい国。タバコのパッケージにはグロテクスクな写真と警告分を記載しなければならず、公共の場では一切禁煙で、タイ各地の6つの空港では、2019年2月より完全禁煙となりました。
(タイランドニュース 2019年5月28日)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中