韓国のTV番組がタイで違法行為、絶滅危惧種のオオシャコガイを捕獲して食べる

韓国のTV番組「The Law of Jungle(ジャングルの法則)」が2019年6月30日の放送で、タイの海で絶滅危惧種であるオオシャコガイを捕獲して食べるシーンを放送。制作したSBSが7月5日に謝罪しました。

各報道によると、問題のシーンの撮影が行われたのが、3月のタイ東部トラン県のチャオマイ国立公園。番組に出演した韓国人女優が海に潜り、オオシャコガイを捕獲し、調理して食べるというものでした。

国立公園関係者は7月5日、韓国人女優が野生生物保護法に違反したとして、7月3日に警察に被害届けを提出したことを明らかにしました。裁判で刑が確定すれば韓国人女優には、4年以下の禁錮、または4万バーツ以下の罰金が科されます。

さらに国立公園関係者は、罰を受けるのは法を犯した韓国人女優であり、さらに事件に関与した関係者も起訴される可能性があると話しているとのこと。
(タイランドニュース 2019年7月6日)

20171128
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告