4車線道路の制限速度引き上げで交通渋滞緩和へ 80キロ→120キロ

タイ政府は現在、交通渋滞対策の一環として4車線道路の制限速度を現在の時速80キロから120キロに引き上げ車の流れを改善することを検討している。

サクサヤム運輸相によれば、制限速度の変更は優先課題とされており、1カ月以内に検討を終える方針。検討結果が「推進」となった場合、関連の法令を改正して制限速度が引き上げられる。

なお、プラユット首相も交通渋滞の悪化を深く憂慮しており、早急に効果的な対策を講ずる必要があると考えているという。
(バンコク週報 2019年7月31日)

2014_04080061
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告