交通違反を取り締まる警官に交通法規試験で正解率8割以上義務付け

首都圏警察のスクム副長官は8月9日、交通違反を取り締まる警察官に交通法規に関する試験で正答率が80%以上であることを義務づけるとの方針を明らかにした。

試験で正答率が80%に達しなかった警察官については、内勤としたり、取り締まりの補助的な仕事をさせたりすることになるという。

同副長官によれば、交通違反で罰金切符を切られたドライバーと交通警察官の間で違反か違反でないかを巡って論争がたびたび起きているが現状。交通法規をよく知る警察官が取り締まりに当たれば、ドライバーとのトラブルも減ることが期待されるとのことだ。
(バンコク週報 2019年8月11日)

2014_04090016
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中