BTSの券売機でQRコード払いに対応、Rabbit LINE Payや銀行アプリで

タイでも利用が進んでいるスマホ決済。コンビニやスーパー、商店や飲食店でも利用可能な店舗が増加中です。現金いらずで便利ですよね。

そんな中、バンコクを走る都市鉄道BTS(スカイトレイン)でもスマホQRコード決済が可能になりました。Rabbit LINE Payアプリと銀行アプリ

BTSでのスマホQRコード決済は、自動券売機でのチケット購入に対応。Rabbit LINE Payアプリと銀行アプリに対応します。
(タイランドニュース 2019年9月29日)

2014_04060139
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

カオサン通りとパタヤのナイトスポット、試験的に朝4時まで営業可能にする計画

現在タイでのバーやバブなどのナイトスポットの閉店時間は、法令で午前2時までと定められています。それが本サイトでも先日お伝えしたように、閉店時間を午前4時まで延長する計画が進んでいるようです。

Nation TVによると、タイ観光・スポーツ省のピパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ省大臣は、現在協議中ではあるものの、バンコクのカオサン通りとタイ東部チョンブリ県のパタヤで、試験的にナイトスポットの閉店時間を午前4時まで許可する計画であると述べました。さらに大臣は、この措置により観光客の支出が25%増加する見込みであるとしています。
(タイランドニュース 2019年9月28日)

2016_09230011(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク~チェンマイ新幹線構想消滅か タイ公共放送など報道

タイ政府は日本政府と検討してきたバンコクとタイ北部チェンマイ県チェンマイ市を結ぶ高速鉄道計画を断念したもようだ。タイの公共放送タイPBS、英字紙最大手バンコクポストなどがタイ政府筋情報として報じた。

新幹線の技術を導入し、全長約670キロの高速鉄道を建設運営する計画を検討してきたが、日本側が実施した事業化調査で採算性が極めて低いことが判明した。タイ側は負担軽減のため、日本に共同投資に求めたが、日本政府がこれに応じなかった。タイ運輸省が最近閣議に提出した交通インフラマスタープランに同計画は含まれず、事実上廃案になったという。

バンコク~チェンマイ間のほとんどは広大な平野に農地、疎林、荒れ地が点在し、大都市は存在しない。沿線の最大の都市はチェンマイ市だが、人口は2018年で約13万人に過ぎない。また、タイ北部は農業が中心で、世帯平均収入(2017年)は月1万9843バーツとバンコク首都圏(4万1335バーツ)の半分程度にとどまっている。両都市間の交通は格安航空を中心に空の便が1日20往復以上運航し、運賃は片道1000バーツ程度から。長距離バスも多数運行している。こうした状況から、巨額の費用を投じて高速鉄道を建設しても、人口や経済力の点から乗客数は期待できず、運賃の面でも格安航空との競争が避けられない。あとに残るのは膨れ上がる巨額の債務だけという懸念が強かった。

安全面の不安もある。タイ全土で鉄道を運営するタイ国鉄(SRT)は設備の老朽化で脱線事故が絶えない。バンコク首都圏の高架鉄道BTSも近年は故障が相次いでいる。鉄道の運行管理、保守整備の能力が不足した状態で高速鉄道を導入すれば、重大な事故を招きかねず、その場合、日本に対するタイの国民感情にも悪影響が出る恐れがある。

タイ政府はバンコク~チェンマイのほか、
(1)バンコクからタイ東北部の中心都市ナコンラチャシマを経由しラオス国境のタイ東北部ノンカイ
(2)バンコク北郊のドンムアン空港から東郊のスワンナプーム空港を経由し東部ラヨン県のウタパオ空港
(3)バンコク―南部スラタニ
(4)ラヨンからカンボジア国境のタイ東部トラート ―という高速鉄道4路線を検討。
このうち
(1)のバンコク~ナコンラチャシマ間は中国政府との共同事業として2017年に着工した。ただ、工事は大幅に遅れ、完成の見通しは立っていない。
(2)については事業者入札を実施し、タイ最大級の財閥CPグループと中国企業を中心とする共同企業体と詰めの交渉を行っている。
(3)、(4)は採算性の問題から交通インフラマスタープランに含まれなかった。
(newsclip.be 2019年9月27日 12時04分)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

人気両替所スーパリッチ、日本円の旧紙幣買取停止へ

タイの人気外貨両替所を運営するスーパーリッチ・カレンシー・エクスチェンジ1965は、来月15日から日本円の旧紙幣の両替を停止すると発表した。

停止となる紙幣は、旧1万円札および旧5000円札の2種類。同社が運営する両替所全店舗で停止となる。

同社が運営するオレンジ色のスーパーリッチとスーパー・リッチ・タイランドが運営する緑色のスーパーリッチは、特に人気の外貨両替所で、銀行などに比べて両替レートが良くタイ人や外国人に人気だ。

緑のスーパーリッチを運営するスーパー・リッチ・タイランドも、同じく日本円の旧紙幣の両替を停止すると発表している。
(タイ通 2019年9月26日 12時01分)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

ルンピニー公園1年間閉鎖、大規模改修工事で

バンコク都は、ルンピニー公園を1年間閉鎖し大規模な改修工事を行う計画を発表した。来年3月に入札を行い、同年中に工事を着工し、2021年中に再オープンする予定だ。

タイ地元紙によると、都は2020年度予算のうち1億3400万バーツを投じて、ルンピニー公園57万6000平方メートルを改修する計画だ。改修工事は、水道、歩道、照明、老朽化した建物などほぼ全てに渡り、数十年ぶりの大規模な改装となる。

現在ルンピニー公園の利用者は、平日で約1万人、週末で1万3000~1万5000人。
(タイ通 2019年9月25日 14時12分)

2015_0713n017
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!