信号無視摘発で新システム導入 初日に538台の違反が確認される

バンコク都内で信号無視を摘発するための「赤信号カメラ・システム」が9月1日にスタート。カメラの存在をドライバーに知らせるため「カメラ作動中」とのサインがカメラの近くにあるにもかかわらず、この日だけで同システムによって538台の赤信号無視が確認された。

カメラで撮影された違反車のナンバープレートの情報を陸運局に照会することで違反者を特定。その後、違反切符が違反者宅に直接郵送されることになる。現在、バンコク都内の主要交差点30カ所に赤信号カメラが設置されている。
(バンコク週報 2019年9月3日)

2007_07130035
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中