バンコク都市鉄道ブルーライン、西側延伸区間が正式開業

バンコク首都圏の都市鉄道ブルーライン西側延伸区間フワラムポーン駅~ラクソーン駅間(全長15.9キロ、フワラムポーン駅を除く新駅11駅)が29日、正式に開業し、運賃の徴収が始まった。

チャオプラヤ川西岸地区の新駅、タープラ駅で30日、プラユット首相、アヌティン副首相兼保健相、サクサヤーム運輸相、アヌポン内相らが出席して開業式典が行われた。一行は式典後、タープラ駅から中華街のワットマンコン駅まで電車に試乗した。

延伸区間はフワラムポーン駅(地下駅)から中華街の地下を西に進み、タイ初となるチャオプラヤ川の下を通るトンネルを潜った後、チャオプラヤ川西岸地区のイサラパープ駅とタープラ駅の間で高架になる。7月29日に5駅、8月24日に2駅、9月21日に4駅が開駅し、乗客を乗せた運賃無料の試運転が行われていた。

都市鉄道ブルーラインとパープルラインを運営するタイ企業バンコク・エクスプレスウェイ・アンド・メトロ(BEM)によると、ブルーラインの現在の北西端でバンコク北郊に伸びるパープルラインが乗り入れるタオプーン駅とタープラ駅を結ぶもうひとつのブルーライン延伸区間は年内に乗客を乗せた試運転を開始する見通し。
(newsclip.be 2019年9月30日 23時39分)

2014_04070027
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中