違法ソフト使用、1~6月に200件超摘発

タイ国家警察の経済犯罪部(ECD)は、違法ソフトウエアを使用していた企業の摘発件数が上半期(1~6月)に216件、被害額が2億バーツ(約7億1,800万円)超だったと発表した。17日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

摘発場所は、バンコクが108件、バンコク東郊サムットプラカン県が22件、東部チョンブリ県が21件。摘発された企業の主な業種別割合は、製造・設計が50%、内装・建設・エンジニアリングが27%、小売・卸売が13%。タイ企業が80%、外国企業およびタイと外国の合弁企業が20%を占めた。

ソフトウエアメーカーの業界団体、ザ・ソフトウエア・アライアンス(BSA)は今年初めから違法ソフトウエアの撲滅キャンペーン「クリーンアップ・トゥー・ザ・カウントダウン」を展開しており、違法ソフトの使用が疑われる企業の情報をこれまでに約1万件、ECDに提供した。

タイの海賊版ソフトウエアの利用率は2017年時点で66%。15年の69%から若干改善した。
(NNA ASIA 2019年10月18日)

20180614
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中