水タバコを提供していたバンコクのパブを摘発、タイで水タバコは違法

タイ警察トンロー署は2019年11月16日未明、バンコク・スクンビット通りのパブを急襲し、60個の水パイプを押収しました。

今回の摘発はトンロー署が、スクンビット地区のパブが違法の水パイプを外国人観光客やタイ人客に提供しているという情報を得て、特別調査チームと共に実施されたもの。急襲時、客が合わせて26個の水タバコを使用しており、さらに34個の水パイプが見つかったとのこと。

なお摘発されたバブでは、水タバコのサービスで一晩10万バーツを売り上げていました。

タイでは電子タバコ、加熱式タバコとともに水タバコは違法。違反者は、3年以下の懲役か60万バーツ以下の罰金、またはその双方が科されます。
タイ王国商務省告示
水タバコ・水タバコ用煙草の葉・植物及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定める
B.E.2557 年(2014年)

国民の健康、衛生、社会、安全保障、治安及び公徳を保つために、水タバコ・水タバコ 用煙草の葉・植物及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定める。
タイ王国商務省輸出入管理法(B.E. 2522(1979年))第5条及び第 25 条に基づき、次のよ うに定める。

1. 本告示を「B.E.2557 年(2014年)水タバコ・水タバコ用煙草の葉・植物及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定めるタイ王国商務省告示」と呼ぶ。

2. 本告示は、認書発布日の翌日から施行する。

3. 本告示において、「水タバコ」とは、輸出入統計品目番号 9614.00.90 と定められたアラブ諸国の喫 煙具で、煙草成分の有無に関わらず煙草の葉、植物、発酵植物、植物エキス等を熱 し、発生した煙を容器中の水を通し吸入する器具又はそれに類似する器具をいう。 また、輸出入統計品目番号 2403.11.00 と定められた煙草成分を有する植物、発酵 植物、植物エキス等、水タバコ器具内で煙を発生させる物を含む。
「電子タバコ」とは、輸出入統計品目番号 8543.70.90 と定められた電動のタバコ型水蒸気吸入器具で、タバコ煙のような水蒸気を発生させて吸入する器具をいう。

4. 水タバコ及び電子タバコをタイ王国への輸入禁止品と定める。
水タバコ及び電子タバコ吸入時、器具内で煙又は水蒸気を発生させる煙草の葉、植 物、発酵植物、植物エキス等をタイ王国への輸入禁止品と定める。

2014年12月12日
チャットチャイ・サリカラヤ
タイ王国商務大臣

(タイランドニュース 2019年11月17日)

2009_05030041
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中