セブンイレブン137店舗でレジ袋の配布停止、2019年11月25日から

環境破壊で度々問題になるのがビニール袋。タイではクジラやカメがビニール袋を飲み込んで死亡というニュースが度々伝えられ、それらがスーパーやコンビニでのビニール袋配布停止の動きとなった要因の1つのようです。

セブンイレブンを運営するCP All社は2019年11月25日、11月25日から137の支店で試験的にビニールのレジ袋の配布の提供を停止すると明らかにしました。

なお2020年1月1日からは全ての支店でビニールのレジ袋の配布が停止となる予定です。ただし、天然資源環境省の勧告に沿って、ホットフード、ウェットフード、肉、果物など一部の製品にはビニール袋の使用が認められるとのことです。
(タイランドニュース 2019年11月22日)

2015_07110096
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!