ウタパオ国際空港 第2ターミナルがオープン

タイ東部のビーチリゾート・パタヤから最も近い空港とえいば、バンコク近郊のスワンナプーム国際空港ではなく、ラヨーン県にあるウタパオ国際空港です。ウタパオ国際空港からパタヤまでの距離はおよそ50キロ。車では1時間はかからないほどでしょうか。

そんなウタパオ国際空港で2019年12月4日(水)、第2ターミナルが正式にオープンしました。第3ターミナルの建設予定もあり、現在ウタパオ国際空港のキャパシティは年間200万人超ですが、今後5年間以内で500万人に拡大させる計画です。

ウタパオ国際空港には現在15の航空会社が乗り入れており、タイ国内外33路線で、年間15,767便を運航しています。第2ターミナル開設により、今後は利用者が80万人から250万人に増えると予想されているとのこと。

今後は第1ターミナルの改修を行い、改修完了後に第1と第絵2の2つのターミナルを活用することで、年間500万人までの乗客を受け入れることが出来るようになるとのこと。

さらに第3ターミナルは、第一段階が2024年完成予定となり、年間1200万人の乗客が受け入れられるようになります。
(タイランドニュース 2019年12月4日)

20171114
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中