バンコク、生活費が高い都市トップ50入り

英人材調査会社のECAインターナショナルは10日、2019年版の駐在員の生活費が高い都市ランキングを発表した。食費などが比較的安いとされてきたタイは、首都バンコクが初めて世界トップ50に入った。バーツ高の進行により、過去2年で同国の主要都市の順位が急浮上した。

バンコクは47位となった。17年版は122位、18年版は90位で、今回さらに順位が上がった。北部チェンマイも、2年前から56ランク上がった。

ECAのリー・クアン・アジア地域ディレクターは「バンコクは長年、生活コストが安い駐在先、旅行先とされてきたが、バーツ高によりランクが急上昇した」との見方を示した。一方、中国の都市では、アフリカ豚コレラの流行による供給不足で豚肉価格が上昇しているが、外国人の豚肉消費は限定的で、人民元安により生活費が下がった。

アジア順位の上位3都市は、トルクメニスタンのアシガバード、東京、香港だった。世界順位でもアシガバードは前年に続く1位で、東京は8位から2位に浮上した。

アジアのトップ10はほか、横浜、名古屋、大阪、シンガポール、韓国・ソウル、マカオ、中国・上海となった。
(NNA ASIA 2019年12月13日)

2014_04090004
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中