サムイ島のホテル 客室稼働率が低下 中国人観光客が減少

タイ南部スラタニ県サムイ島は世界的に知られた観光の島だが、サムイ島観光協会のウォラシット会長によれば、ホテルの増加などの理由で現在のホテルの客室稼働率が前年同期の約50%に対し30%あまりに下がっているという。このほかの理由としては、バーツ高が続いていること、米中貿易摩擦が長引いていることなどが挙げられるとのことだ。

米中貿易摩擦の影響で中国人観光客は比較的割安なベトナム、フィリピン、インドネシアのビーチリゾートに関心が向いている。この傾向は同島にとって観光のハイシーズンである来年第1四半期まで続く見通しで、同会長は、同四半期におけるサムイ島のホテル客室稼働率が予約状況から判断して前年同期の50~60%に対し35%前後にとどまるとの見方を示している。
(バンコク週報 2019年12月17日)

2015_0711n008
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中