ラビットカードが更に普及、バンコクの路線バスでも利用可に

バンコクスカイトレイン(BTS)で使用できる交通系ICカード「ラビットカード」が、来年中にも都内すべての路線バスで使えるようになるという。

同カードを発行・運営するバンコクスマートカードシステム社(BBS)はバンコク大量輸送公社(BMTA)と協力し、ラビットカードで運賃を支払える決済システムをバス2000台に導入する予定。同システムは現在2路線で導入済みで、来年1~3月に新たに5路線を追加する考えだ。これにより、同カードの利用者が1日当たり80~100万人増加する見通し。

ラビットカードは2012年にサービスを開始。BTSや運河ボートの運賃支払いの他、飲食店やコンビニでの決済にも対応している。政府が推進するキャッシュレス化に伴い、国民のライフスタイルに合わせて利用できる交通機関や店舗などのさらなる拡大を図る。
(ANNGLE 2019年12月22日)

2012_11090024
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中