大気汚染悪化 プラユット首相が整備不良車使用禁止に言及

バンコク首都圏では大気汚染の悪化が問題となっているが、プラユット首相は1月10日、インターネットへの投稿で、安全基準を超えた汚れた排ガスを出している自動車を使用禁止にする必要があるとの考えを示した。

首相によれば、排ガスに問題のある車両には厳しい車体検査・修理を受けさせてから使用を許可する必要があり、それができない場合は没収されることになるという。

なお、公害対策局によれば、10日朝の時点でバンコクの全50区のうち43区でPM2.5濃度が安全基準を超えていた。また、全国でPM2.5濃度が最も高かったのはバンコクの西隣サムットサコン県だった。
(バンコク週報 2020年1月11日)

2014_04080061
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中