バイクで走る外国人の首に垂れ下がった電線が絡まる、過去には首切断で死亡も

タイの地方旅行であちこちを自由に回るのにはレンタルバイクがとっても便利。自然の中を風を切って走るのは、とっても気持ちが良いのですが、突然恐怖の出来事が起きることも…。

2020年1月19日のタイ西部カンチャナブリ。レンタルバイクで道路を走っていたスペイン人女性とアルゼンチン人女性の観光客2人の首に垂れ下がっていた電線が絡まり、負傷しました。2人は治療と検査のため、地元病院に搬送されました。

警察は現在調査を行っており、垂れ下がっていた電線がどこの会社のものかを明らかにし、法的責任を追わせることのことです。

タイでは過去に何度か垂れ下がった電線が、走行しているバイクの運転手の首に絡まる事故が発生。2018年にはタイ東北部コンケーンで、絡まった電線により首が切断されるという死亡事故も発生しています。
(タイランドニュース 2020年1月21日)

2015_0712p024
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!