【新型コロナウイルス】タイ保健省、観光地で流行の可能性を警告

中国・湖北町武漢市発の新型コロナウイルス。2020年1月30日現在公式の発表によると中国の患者数は7700人超、死者数は170人となりました。中国人旅行者が多いタイでは、患者数が14人(13人が中国人、1人がタイ人)ですが、全員が武漢で感染したと見られており、タイ国内での人から人への感染は確認されていません。

タイ保健省は2020年1月29日、バンコク、チェンマイ、プーケット、クラビなど、中国人観光客に人気のある場所で、新型コロナウイルスが確認される可能性があると警告しています。

日本では武漢を訪れていない患者も発生していますが、タイでも同様の可能性があり、人から人への感染で流行の恐れがあるとのこと。

タイ保健省は感染予防の対策として、定期的に手を洗って消毒剤を使用し、マスクを着用することを推奨しています。

なおタイで確認された14人の患者は、5人が既に帰宅し、9人が治療を続けているとのことです。
(タイランドニュース 2020年1月30日)

2015_07130047
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中