タイ国内で感染したタクシー運転手が回復、「武漢に支援を送りたい」

タイ国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は2020年2月5日現在で25人(9人が回復、16人が治療中)となっています。中国国内では2万4千人以上の感染が確認され、死者は500人を越えようとしています。

最初にタイ国内での感染が確認されたのが、50歳のタクシー運転手の男性。ひどい咳の症状があり、病院で検査を受けた所、1月31日に新型コロナウイルスに感染していることが明らかになりました。

そのタクシー運転手の男性は既に回復し、2月5日になって記者会見の場に登場。個人特定されないためにマスクをしながらも元気な姿を見せて、新型コロナウイルスの発生地である武漢に支援を送りたいと語っています。さらにウイルスに感染したと分かった時は泣いたものの、中国人に対して嫌な気持ちは持っていないと続けたのだとか。

なお、このタクシー運転手の男性の家族は、全員検査結果は陰性でした。
(タイランドニュース 2020年2月6日)

2014_04090038
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!