バンコクエアウェイズ、2020年5月15日からバンコク=サムイ島を運航再開

新型コロナウイルスの影響で国際線、国内線ともに全線運航休止中のバンコクエアウェイズは、2020年5月15日よりバンコク・スワンナプーム空港=サムイ島空港間の運航を1日2往復で再開します。

5月15日から30日までの運航スケジュールは以下

PG119 バンコク08:30→サムイ島10:00
PG120 サムイ島10:30→バンコク12:00
PG133 バンコク12:40→サムイ島14:10
PG136 サムイ島14:40→バンコク16:10

使用機材はATR72型機(定員70名)。乗客同士の距離を開けるため、搭乗可能人数は35名までとなります。また乗客のマスク着用は必須で、飲食の提供は行われません。

なおサムイ空港の運営は、2020年5月15日より毎日、朝8時より夜7時までとのこと。
(タイランドニュース 2020年4月28日)

2014_04060077
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ首相、非常事態宣言の1ヶ月延長を発表

プラユット首相は2020年4月28日に会見を行い、非常事態宣言を5月1日から一ヶ月延長すると発表しました。また夜間外出禁止令も維持されます。

タイ政府は新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、当初の非常事態宣言の期間を3月26日から4月30日としていましたが、5月31日まで延長されることになりました。ただし店舗営業制限などの各規制については、感染リスクの低いものから緩和されるものもあるとのこと。近く具体的内容が発表されます。

なお午後10時から午前4時までの夜間外出禁止も継続となります。
(タイランドニュース 2020年4月28日)

2015_02110024
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイへの航空機乗り入れ規制を5月31日まで延長

タイ民間航空事務所(CAAT)は4月27日、タイへの航空機乗り入れ原則禁止措置を5月31日まで延長すると発表した。これで4月3日にスタートした事実上空路での入国禁止措置は2カ月に及ぶことになる。

またこれまで同様、
(1)政府もしくは軍用航空機
(2)緊急着陸を行う航空機
(3)乗客の降機を伴わない給油目的の着陸を行う航空機
(4)人道支援目的・医療目的もしくは新型コロナ感染者を支援するための物品輸送を行う航空機
(5)本国送還のため飛行が許可されている航空機
(6)貨物輸送のみ運航が許可される。なお、タイ入国後は14日間、指定施設で強制的に隔離される。
(バンコク週報 2020年4月27日)

2014_04090076
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

スワンナプーム空港、準備万全~運航再開に向けて補修や設備追加も

タイ民間航空局(The Civil Aviation Authority of Thailand<CAAT>)は新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために、タイへ向かう国際旅客便の運航を、2020年4月30日までの予定で禁止しています。(タイからの運航は可能なため、JALやANAなどは片道運航中) 各報道によると、まもなく運航禁止期間が終了することから、スワンナプーム空港も再開準備が整ったようです。

バンコクポストはスワンナプーム空港ジェネラル・マネージャーの話として、スワンナプーム空港は運航禁止期間を利用して、空港内の修繕や施設の追加を行ったと伝えています。コンコース、エレベーター、照明、エアコン、手荷物処理システムも修理され、床のタイルも交換。また滑走路や誘導路の強度や安全性を確認なども行い、さらに駐車場やオフィスビルに新たにエレベーターや照明設備を設置したとのこと。

タイでは、新規で確認される新型コロナウイルスの感染者の数は17日連続で2桁台がつづいており、4月25日の時点で確認された感染者の合計は2,907人。2,547人が既に回復し、51人が死亡しています。
(タイランドニュース 2020年4月26日)

2014_10250108s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

日本人狙いのスリ師をバンコクで逮捕

今でも「日本人はお金持ち」というイメージがタイ人の中にはあるようで、スリの対象として狙われやすい存在のようです。タイ警察は2020年4月25日、複数の日本人から財布などを盗んだ容疑で、タイ人の男(45歳)とベトナム人の女(42歳)を逮捕したと発表しました。

各報道によると、4月2日に日本人がスクンビット通りソイ49のホテルから有名ショッピングモールに向かっている途中でスリ被害に遭い、さらに4月5日に同じく日本人がトンロー通りでスリ被害に遭い、共に警察に被害届を提出しています。

被害届を受けて警察は捜査を開始。防犯カメラの映像などからタイ人の男とベトナム人の女を特定し、プラチャソンクロー通りソイ12のアパートで逮捕しました。

容疑者のタイ人の男は警察の取り調べで、お金を持っている日本人を狙っていたと供述。さらにタイ人の男は、2015年と2019年にもスリで逮捕されていたことが明らかになっています。
(タイランドニュース 2020年4月25日)

2007_05050067
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!