プーケット知事がパトン閉鎖を命令「感染の震源地はパトンとバングラ通り」

タイ南部のビーチリゾート・プーケットで最も賑わうエリアはパトン。日本からの観光客も多くがパトンビーチを訪れ、バングラ通りでナイトライフを楽しんだと思います。しかしそのパトンビーチとバングラ通りが新型コロナウイルス感染の震源地としてシャットダウンです。

プーケット県知事は2020年4月4日にパトン地区の閉鎖(シャットダウン)命令を発出し、4月5日より有効となりました。これでパトン地区へ続く主要道路には警察による検問所が設置され、医療関係や必要物資等を運ぶ車両以外は通行禁止になりました。

各報道によると、プーケットで確認された新型コロナウイルスの感染者は4月4日現在で109人ですが、半数以上がパトン地区とバングラ通りのナイトスポットに関連したもの。現在もパトン地区の多くの人が感染の脅威に晒されているとして、パトン地区の自治体は、パトンの全ての場所を消毒するとしています。

なお通行禁止の命令に違反した場合は、1年以下の懲役か10万バーツ以下の罰金、またはその双方が科されます。
(タイランドニュース 2020年4月5日)

20200405
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中