外国人1万人がサムイ島、パンガン島、タオ島に足止め

新型コロナウイルスの感染拡大により航空各社がフライトの運休を余儀なくされていることで、観光の島と知られている南部スラタニ県のサムイ、パンガン、タオの3島に現在、外国人1万人あまりが足止めされている。

スラタニ県庁観光スポーツ課の担当者によれば、これら外国人は足止めが長期に及ぶにつれて旅行費用の枯渇などさまざまな問題を抱えるようになっており、観光スポーツ省に対し彼らへの支援を要請しているところという。

足止めされている外国人旅行者は、サムイ島が約5700人、パンガン島が約3300人、タオ島が約1000人とのこと。
(バンコク週報 2020年4月23日)

2015_07100068
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中