パタヤビーチで海水浴、外国人3人を逮捕

この記事のタイトルは「パタヤビーチで海水浴、外国人3人を逮捕」。普段なら「どういう意味?」となると思いますが、実は現在タイ東部のビーチリゾート・パタヤでは、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のために、ビーチへの立ち入りが禁止されているのです。

報道によると2020年5月9日、アジアパタヤホテル前のビーチで海水浴をしていた外国人男女3人が、ビーチ立ち入り命令に違反して逮捕され、パタヤ署に連行されました。

3人は疾病対策法違反で有罪となれば、1年以下の懲役か10万バーツ以下の罰金、またはその双方が科されることになります。

パタヤ市は先日、ビーチへのアクセスをテープで遮断。5月9日から5月31日の午前9時まから午後9時までは、ビーチの入り口にスタッフを配置し、立ち入らないように警戒に当たっています。それでもビーチに立ち入った場合、初回は警告、再度は厳罰とのこと。今回3人が逮捕に至ったのは、警察からの遊泳を止めるようにとの警告を無視して、遊泳を続けたため。
(タイランドニュース 2020年5月9日)

2016_09250001(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!