新型コロナウイルス感染対策の電気トゥクトゥクを発表

タイ北部チェンマイでは既に、音が静かで排気ガスが出ないエコロジーな電気自動車(EV)のトゥクトゥクが普及しています。タイ政府は今後、タイ国内の全てのトゥクトゥクを電気自動車とする計画です。

タイ国内での電気自動車の普及を目指すタイ電気自動車協会(Electric Vehicles Association of Thailand – EVAT)は、新型コロナウイルス収束後の新しい時代のタイ観光促進の公共交通機関として、電気トゥクトゥクを発表しました。

タイ電気自動車協会が設計したトゥクトゥク「EVAT:バンコクモデル」は、客座席をビニールシートで覆うことが出来るため、新型コロナウイルス感染対策のために運転手と乗客との社会的距離を保つことが可能。なお使用しない時はビニールシートを巻き上げて、全開にすることが可能となります。

この電気トゥクトゥクに乗ってバンコク観光で走り回れるのは、いつになるでしょうか。
(タイランドニュース 2020年6月3日)

20200213
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中