タイ国内線、さらに7つの空港に再開許可

タイ民間航空局(CAAT)は2020年6月5日、国内線発着の7つの空港に6月6日から再開許可を出すと発表しました。

再開許可となったのは、ターク空港、トラート空港、ナコンラチャシマ空港、ナラティワート空港、パーイ空港
、ペッチャブーン空港、スコータイ空港。なおこれらの空港の営業時間は、午前6時から午後8時までに制限されます。

6月6日現在、利用できる空港は以下。

=国内線=

コンケーン空港、チュムポーン空港、ターク空港、トラート空港、トラン空港、ナコンパノム空港、ナコンラチャシマ、ナコンシータマラート空港、ナーンナコーン空港、ナラティワート空港、ブリラム空港、パーイ空港、ピサヌローク空港、ペッチャブーン空港、プレー空港 、メーソット空港、メーホンソン空港、ラノーン空港、ロイエット空港、ルーイ空港、ランパーン空港、サコンナコン空港、スコータイ空港、ウドンタニ空港、ウボンラチャタニ空港

=国内線と国際線=

クラビ空港、チェンマイ空港、ドンムアン空港、チェンライ空港、サムイ空港、スワンナプーム空港、スラーターニー空港、ハジャイ空港、ホアヒン空港、ウタパオ空港
(タイランドニュース 2020年6月6日)

2016_09200011(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中