外国人のタイ入国計画、1日限定1000人で14日間の隔離検疫免除を提案へ

各報道によると、2020年6月17日(水)にCOVID-19問題解決センター(CCSA)に対して、外国人のタイ入国に関する実施計画が提出されます。その計画は、1日1000人の外国人のタイ入国を許可し、14日間の隔離検疫は免除するというもの。

最初にタイ入国が出来るようになるのは、ビジネスと医療目的の外国人。さらに入国を許可するのは、長期間に渡って新しい感染者の数が少数である低リスクの国からのみとなります。

ただ、タイ人の帰国者に対して14日間の隔離措置を強制している中で、外国人に対して隔離を免除することは、国内からの反発が出てくる可能性も高いとのこと。また、スアンドゥシット・ラチャパット大学スアンドュシット世論調査センター(スアンドゥシット・ポール)の調査では、75.72%のタイ人が、早期の外国人のタイ入国に否定的な考えを持っていることが明らかになっています。
(タイランドニュース 2020年6月15日)

2014_04060096
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中