格安航空会社ノックスクートが事業を終了

格安航空会社(LCC)のノックスクートが、新型コロナウイルスによる影響で事業終了を決定しました。

ノックスクートは2020年6月26日、取締役会により会社の清算を決議したことを明らかにしました。ノックスクートの株主は、約14日後に開催される株主総会で同様の決議を審議する予定です。

既に425名の社員がタイの労働法に準拠した解雇手当を支払われて解雇となっており、今後は少人数の社員チームが残留し、清算プロセスを管理し、清算が完了するまで見届けることになります。

ノックスクートは、タイのノックエアとシンガポールのスクートとの合弁会社として2014年に設立。バンコクのドンムアン空港を拠点に、中国7都市、日本3都市(成田、関空、新千歳)、ニューデリー、シンガポール、台北とアジアの中長距離路線を運航していました。
(タイランドニュース 2020年6月26日)

20180307
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!