タイ国内旅行キャンペーン「We Travel Together」が好調、バウチャー提供額引き上げも

タイの観光業界は今、新型コロナウイルスの影響で外国人観光客がタイを訪れることが出来ないために、非常に苦しい状況に置かれています。そんな観光業界を救うべく、タイ国民がタイ国内旅行をすることで観光業界を活性化させようというキャンペーン「We Travel Together」が始まっています。

現在タイは、2020年7月24日から国王誕生日の祝日である7月28日まで4連休中。バンセーンやチャン島などリゾート地は、多くの観光客が訪れていると伝えられています。それも宿泊費や航空券代の4割(上限金額あり)をタイ政府が負担する「We Travel Together」による力も大きいのでしょう。

各報道によると、「We Travel Together」には7月18日のスタート以来、456万人が登録。ホテルは236,000室以上が予約され、既に193,000室以上の宿泊費の支払いが行われたのだとか。

また「We Travel Together」では、宿泊費や航空券代の4割負担の他に、訪問先での食事や入場料などに使える1日600バーツの電子クーポンを提供していますが、平日の観光を活性化させるために、平日には提供する電子クーポンを600バーツから900バーツに引き上げるとのことです。

なお「We Travel Together」は、日本では「タイ版GoTo」と伝えられているようです。
(タイランドニュース 2020年7月29日)

20171031
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中