格安航空会社ノックエアが会社更生手続きを申請、事業は継続

タイの格安航空会社ノックエアは2020年7月30日、中央破産裁判所に破産法に基づく会社更生手続きを申請しました。1回目の審問は10月27日に行われる予定です。なおノックエアは、今後も事業は継続し、黒字化を目指すとしています。

ノックエアは、2019年12月期まで6年連続の最終赤字が続いており、新型コロナウイルスによるフライトの減少が経営悪化に追い打ちをかけた形になりました。

ノックエアは2019年末からバンコク=広島線を就航開始。現在は運休中ですが、今後再開されるかが気になるところです。

なお先日はノックエアとシンガポールのスクートの合弁会社であるノックスクートが、新型コロナウイルスによる経営悪化で事業を終了しています。
(タイランドニュース 2020年8月1日)

2008_10150049(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!