タイ観光協会「観光事業者は最悪の事態に備える必要がある」

タイ観光協会(Tourism Council of Thailand:TCT)のチャイラット・トライラタナチャラットポーン会長は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く現状で、2020年中に外国人観光客を受け入れられない可能性があり、観光事業者は最悪の事態に備える必要があると述べました。

 

バンコクポストによるとチャイラット・トライラタナチャラットポーン会長は、観光事業者は2020年中のチャンスが無いことを認めなければならず、さらに2021年になっても外国人観光客が戻らないという最悪の事態を考えなければならないと語っています。

先日はタイ政府観光庁の副総裁も、早くても2020年末あるいは2021年2月の春節休暇の時期まで外国人旅行者のタイ入国はないだろうと語り、最悪の場合は2021年10月~12月まで外国人観光客を受け入れられない可能性があると語ったと伝えられています。

◆タイ観光の最良のシナリオは2021年初めに開放、最悪のシナリオは2021年末まで…

またタイ民間航空局長も、外国人旅行者がタイを訪れるための商業飛行の禁止は無期限であると語ったといいます。

◆タイへの商業飛行禁止、タイ民間航空局長は「無期限」

なおタイ観光協会の幹部らは8月から9月にかけて、チェンマイ、ウドンタニ、ホアヒン、プーケット、ラヨーン、バンコクの観光事業者を訪問する予定とのことです。
(タイランドニュース 2020年8月16日)

2015_0714n001
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中