プラユット首相、10月1日からの外国人観光客受け入れ案に原則合意

先日タイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣は、2020年10月1日からの一部外国人旅行者の受け入れを提案し、タイ観光・スポーツ省、外務省、保健省、運輸省、内務省の5省が8月27日に協議を行うとを明らかにしました。この件についてプラユット・チャンオチャ首相が原則合意したようです。

バンコクポストによるとプラユット首相は2020年8月20日、新たに設立されたタイ経済状況管理センター<The Center for Economic Situation Administration>の初会合で、限定的な条件の中で10月1日からプーケットに外国人旅行者を受け入れることについて原則合意しました。

タイ観光・スポーツ省の案は、プーケットで外国人旅行者を受け入れて、14日間ホテルで検疫を行った後に、プーケット内を自由に旅行できるようにするというもの。プーケットでの14日間の検疫中も、限られたエリアのビーチなどを利用することができます。なお14日間プーケットで過ごした後に県外に行くことを希望する場合は、さらに7日間の検疫が必要になります。
(タイランドニュース 2020年8月21日)

2014_10250085s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中