外国人観光客受け入れの「プーケットモデル」は今も検討中、時間がかかる可能性も

14日間の隔離期間中も、ホテル近隣のビーチを利用出来るようにするという、いわゆる「プーケットモデル」の外国人観光客受け入れ。2020年10月1日からの実施は、現在も検討中のようです。

タイ政府のトライスリー・トライサラナクン副報道官は8月28日の記者会見で、プーケット県に外国人観光客を受け入れる「プーケットモデル」の実施は、現在も検討している最中であることを明らかにしました。

「プーケットモデル」実施には、第二波が起こらないようにするために、承認されるべき多くのステップがあり、どの国から入国を許可するか、どのように感染検査をするか、感染予防の方法などはまだ検討されておらず、結論も出ていないと語りました。また、外国人観光客に国を開放することが世界的流行の第二の波につながらないことを確実にするためには、時間がかかると続けています。

さらに、外国人を受け入れるプーケットに住む人々などに対しては、タイ政府は第二波を防ぐために可能な限り慎重に準備をするため、心配の必要はないと続けています。

果たして10月1日からの「プーケットモデル」実施は実現するでしょうか。「プーケットモデル」が成功すれば、対象地域はその他の県にも拡大される予定です。
(タイランドニュース 2020年8月28日)

2014_10220120p
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中