タイ、10月末まで非常事態宣言延長

タイ政府は新型コロナウイルス感染症対策で強権的な措置を可能とする非常事態宣言の期限を9月末から10月末に1カ月間延長する。プラユット首相が議長を務める28日の新型コロナ対策会議で承認した。

タイ政府は3月26日に非常事態宣言を発令し、夜間外出禁止、県間移動の原則禁止、混雑するイベントや集会の禁止、入国規制といった措置を導入した。こうした措置の多くはすでに解除されている。

28日までに報告があったタイ国内の新型コロナ感染者数は累計3545人で、このうち59人が死亡した。
(newsclip.be 2020年9月29日 00時35分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

9月28日はタイの国旗「トン・トライロング」が制定された日

上から赤・白・紺・白・赤と3色の5本の帯で形成されているタイの国旗。タイでは三色旗を意味する「トン・トライロング」とも呼ばれています。3色にはそれぞれ意味があり、青は「国王」を、白は「宗教(仏教)」を、赤は「国家、国民」を表しています。

現在の国旗「トン・トライロング」に制定されたのは1917年9月28日、ラマ6世の時でした。ちなみに中央の紺はラマ6世のイメージカラーの紫からとられたもの。ラマ6世は1881年1月1日の金曜日の生まれで、金曜日の色が紫であることから、濃い青と紫の色合い、つまり紺が旗の中央に採用されたのだそうです。ちなみにそれ以前の国旗はわずか1年ほどですが、紺の部分も赤で、2色旗だったのだとか。

さらにそれ以前は、赤地に白い象が描かれたものでした。
(タイランドニュース 2020年9月28日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ航空、バンコク=日本は2020年11月30日まで運休

タイ国際航空は2020年9月25日、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて、日本=バンコク間の運航計画の変更を発表しました。

運航計画の変更により、バンコク→成田/羽田/関西/中部/福岡/札幌は11月30日まで、成田/羽田/関西/中部/福岡/札幌→バンコクは12月1日まで運休となります。

■日本発 運休(~12月1日まで)
<成田発> TG641便/TG643便/TG677便※
<羽田発> TG661便/TG683便
<関西発> TG623便/TG673便※
<中部発> TG647便/TG645便※
<福岡発> TG649便※
<札幌発> TG671便
※TG677/TG673/TG645/TG649便は11月30日まで運休

■バンコク発 運休(~11月30日まで)
<成田行き> TG640便/TG642便/TG676便
<羽田行き> TG660便/TG682便
<関西行き> TG672便/TG622便
<中部行き> TG644便/TG646便
<福岡行き> TG648便
<札幌行き> TG670便

【仙台線について】仙台発着便は2020年夏期スケジュール(~10月24)まで運休となり、2020/21年冬期スケジュールにおいては運航予定はございません。

詳細は以下でご覧ください。

タイ国際航空、運航計画変更のお知らせ

(タイランドニュース 2020年9月26日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

象のイラストがカワイイ!タイの新パスポート

日本のパスポートは2020年2月より、各ページに葛飾北斎の「冨嶽三十六景」のデザインが描かれた新パスポートが発給されるようになりました。タイで新たなパスポートに変更です。時期は不明。

タイ外務省領事局は2020年9月25日、新デザインのパスポートのイメージを公開しました。

新しいパスポートでは、偽造防止で顔写真ページのセキュリティーが高まり、各ページには歴史的建造物のイラストに加えて、隅にカワイイ象のイラストが描かれました。また目の不自由な人のために点字対応になっています。
(タイランドニュース 2020年9月26日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ入国後の隔離検疫が7日間に短縮される可能性も、順調に行けば11月中旬から

タイではビジネスマンやタイ人の配偶者など一部の外国人の入国は許可されており、さらに2020年10月からは「特別観光ビザ」の外国人旅行者の受け入れもスタートします。なおタイに入国した全ての人が、指定施設での14日間に渡る隔離検疫を受けなければなりません。なおタイ人は無料の施設を利用することができますが、外国人は自費で指定のホテルに宿泊する必要があります。

タイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣は2020年9月24日、10月1日から受け入れる「特別観光ビザ」の外国人観光客が新型コロナウイルスに感染していなければ、11月半ばからは現在14日間の隔離検疫を7日間に短縮できると明らかにしました。バンコクポストが伝えています。

大臣によると、当初「特別観光ビザ」は週に300人の外国人観光客を受け入れます。最初の2グループの14日間の隔離検疫は、10月15日と10月21日に終了。何事もなく終われば、11月まで週ごとに受け入れる外国人観光客を増やす提案を計画しています。そして順調にいけば、11月半ばに隔離検疫期間を7日間に短縮することを予定していると明らかにしました。

さらに大臣は、300人の外国人観光客から5人の陽性社が出た場合も、とにかく前進が必要。その状況に対応するための、新たな代替計画を立てるとしています。
(タイランドニュース 2020年9月25日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!