タイ国政府観光庁、最大270日滞在可能の「特別観光ビザ」を計画

各報道によるとタイ国政府観光庁(TAT)ユタサック・スパソーン総裁は、タイ国政府観光庁が「特別観光ビザ」の発給計画を内閣に提出すると語りました。

タイ国政府観光庁の計画する「特別観光ビザ」は、タイに90日間滞在可能で、2度延長をすることで最大270日間(90日+90日+90日)滞在が可能になるというもの。ビザ申請者は新型コロナウイルス陰性の証明を提出し、医療保険に加入しなければなりません。さらにタイ入国はチャーター便に限られ、タイ到着後は認証されたホテルで14日間の検疫を受ける必要があります。

総裁は、2020年から21年のハイシーズン中に、主に西ヨーロッパやロシアなどから「特別観光ビザ」で50万人の旅行者を受け入れたい考えを示しています。

なおタイ国際航空は、11月から日本を含めた6ヶ国から、プーケットに直行するチャーター便を運航する用意があると明らかにしています。

(タイランドニュース 2020年9月6日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中