プーケットの外国人観光客受け入れ、地元住民には反対意見も

一定の条件で外国人観光客を受け入れるという「プーケットモデル」には、外国人観客が新型コロナウイルスを持ち込むことを懸念した地元住人の反対もあるようです。

タイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣は2020年9月6日、「プーケットモデル」による外国人受け入れについて、タイ南部プーケット県で地元住人への理解を深めるための公開会議を実施しました。

「プーケットモデル」
外国人観光客に「安全で密閉された旅行」を提供するというもの。外国人観光客は、14日間の検疫中でもホテルから外に出て1キロ~2キロ圏内でビーチを楽しめ、14日間の検疫期間を終えれば県内を自由に移動できます。また更に追加で7日間の検疫を経れば、県外にも移動出来るようになります。
なおビザ取得には、申請までの72時間以内の陰性証明が必要。14日間の検疫中も2回以上の検査を行います。

プーケットの地元住民の間では、「プーケットモデル」に賛否の声があるとのこと。感染対策を万全にすることで外国人観光客をプーケットを呼び込みたいという賛成意見が多い一方で、主に外国人観光相手の仕事をしていない人々は外国人よりも国内の観光客の呼び込み促進を求めました。

大臣は、首相は「プーケットモデル」をまだ承認しておらず、プーケット地元住民の大多数が同意しない場合は計画を断念する可能性もあるものの、10月1日に開始できるように最善を尽くし、遅くても年末までには実施されると語っています。
(タイランドニュース 2020年9月8日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中