プーケットで津波の避難訓練、警告スピーカーの修理が必要と判明

マグニチュード9.1の「スマトラ島沖地震」が引き起こした津波がタイ南部を襲ったのが2004年12月26日朝のこと。当時は津波を知る人も少なく、警告が発せられることもなかったため、多くの人が逃げ遅れて犠牲になりました。タイ全土で5,395人が死亡、8,457人が負傷し、2,932人が現在も行方不明と言われています。

タイ南部プーケット県のカマラで2020年9月9日午前10時より、津波避難訓練が実施されました。そこで警告スピーカーの一つが適切に鳴らなかったため、修理が必要なことが明らかになりました。

修理が必要であると判断されたのは、カマラに4箇所ある警告スピーカーのうちSamnaksong Charoen Thamに設置された警告タワーのスピーカーで、音量が小さかったとのこと。その他は問題なく作動しました。

なお訓練自体は、良好に行われたようです。
(タイランドニュース 2020年9月10日)

(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!
https://www.kate-bangkok.com/hotel_booking.html

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中